医療保険の移行中に気付いた!健康こそ最高の節約である!!

 

スポンサーリンク




 

みなさんこんにちはフルムーンです。

 

現在、固定費削減の為に格安の生命保険、医療保険に移行中です。

詳しくはこちらの記事を

 

 

 

保険会社にネットから申し込みをして、審査結果が送付されてきました。。

書類を読むと【特定部位不担保】との事。

ちょっとヘコみました。

読んで字のごとく、その問題のある部分だけ保険が不担保になるという事です。

 

 

若くて健康なほど保険に入りやすい

 

当り前ですが、生命保険、医療保険に加入する方は健康&若い内に、これにつきると改めて感じました。

私は健康診断で要観察を診断された箇所が何カ所かあり、案の定その部分が二年間【不担保】となってしまいました。

 

この【不担保】の部分、、、この部分にこそ保険が欲しいです。

 

保険会社もボランティア団体ではないので、二年間健康に気遣うしかありません。

なので、格安の保険に乗り換えを考えている方は、若くて健康な内に加入するのがおすすめです

※誕生日を迎える度に保険料は高くなります。

 

そもそも健康とは?

 

健康診断で要観察の項目があり、保険に【無担保】の部分があっても、私の感覚では私は健康そのものです。

 

そもそもの健康の定義は何!?教えてGoogle先生!!

WHO憲章では、その前文の中で「健康」について、次のように定義しています。

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが
満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)

引用元:公益社団法人日本WHO協会

 

なっなるほど、すべてが満たされた状態・・・・・思っていたより健康のハードルは高い( ..)φメモメモ

 

私が考える健康の定義、保険会社の健康の定義、WHOの健康の定義バラバラです。

とりあえず、WHOの健康の定義がハードル高いけど幸せそうですね。

 

健康体こそが最高の節約

 

【すべてが満たされた状態】は置いておいて、健康体こそが最高の節約に繋がりますよね。

医療保険、生命保険にも加入しやすい

そもそも、健康なら医療費がかからないですし、何よりも働いてお金を稼ぐ事が出来る!

 

健康に気を付けて長生きして元気に働ければ、人生なんとかなる!さらにお金があればもっと幸せだ!

 

健康と一緒にマネーリテラシーも向上!

私の夫はマネーリテラシー高めです。

 

 

 

 

 

Copyright© 働く主婦のお金ブログ , 2017 All Rights Reserved.