【超初心者向け】年金の基本の基本

 

スポンサーリンク




みなさまこんばんは(^^♪

フルムーンです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

そのままだとちょっと暑い、冷房を入れると寒い、ドライを入れるとちょっと寒い、暖房を入れるともっと暑い。

うーんなんとも過ごしにくい(;^_^A 皆さま身体の調子を崩さないように気をつけてくださいね!

フルムーンは今日は熱めのお風呂にはいって汗をしっかりかきましたよ!!あーガス代気になる。もう立派な節約体質です。ww

そもそも年金ってなんなんだよ?

昨日年金の事を記事にしましたが【自分の年金は自分で守る!!年金記録の確認中です。】そもそも年金ってどうゆう制度なんだろう、どんな保障があるのだろう!!??

 

けっこうなんとなくしかわからなかったりしませんか??フルムーンはなんとなくしかわかりません( ;∀;)

 

なんとなくしかわからない年金…ちょっと掘り下げてみようと思います!!

 

日本年金機構によると

 

公的年金の制度とは、年老いたときやいざというときの生活を、働いている世代みんなで支えようという考えで作られた仕組みです。日本国内にお住まいの20歳以上60歳未満のすべての方に、国民年金への加入が法律で義務付けられています(国民皆年金)

この文章を見て疑問に思ったんですが、国籍はどうなんでしょう??

ちょっと気になって調べた所なんと!!日本の年金には国籍は関係ないとの事です!!

これはびっくりです!!

ちなみに日本と「社会保障協定」を結んでいる国だと、日本で納めた保険料は母国の年金に反映されるうえ、母国と日本の2つの国の保険料を支払う「二重負担」もふせぐ事が出来るそうです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

ちなみのこの社会保障協定は海外に住む日本人にも有効との事です。

移住するなら社会保障協定が結ばれた国がよいのかもしれませんね(^^♪

特にフルムーンは必要ないのですが、勉強になりました!!

※詳しくは社会保障協定から年金機構のHPにリンクを貼っていますので確認くださいませ!!

話は変わりますが年金はどんな時にもらえるのでしょうか??

年金機構のHPで確認すると…。

若いときに公的年金制度に加入して、保険料を納め続けることで、次のような場合に、年金を受け取ることができます。
 1 年をとったとき(老齢基礎年金)
2 病気やケガで障害が残ったとき(障害基礎年金)
3 家族の働き手が亡くなったとき(遺族基礎年金)

ただし、必要な手続きを行わず、保険料を未納のまま放置すると、これらの年金が受け取れなくなる場合があります!

 

私がしっていたのは1の老齢基礎年金と3の遺族基礎年金です。

2の障害基礎年金も国民年金から出されていたんですね(;^_^Aいやー勉強になりますね!!

なんだかんだいって日本は国の制度が手厚いですね、そしてやはり国民年金の支払いは必須だと感じました!!

 

奥が深い国民年金ちょっと一つの記事では終われそうにないので続きは次回に♪

 

Copyright© 働く主婦のお金ブログ , 2017 All Rights Reserved.