2018/02/04

【年収300万円の場合】退職後かかったお金を公開します 

 

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
新婚兼業主婦 優しい夫と一緒に毎日家事に仕事に頑張っています。

 

みなさんこんにちは、フルムーンです!!

私は派遣社員なる前に1年間無職の時期がありました。

その1年間無職の時に支払った住民税・国民年金・国民健康保険の支払いが思ってた以上に大変だったんです。

 

退職当時の年収は300万円、当時を振り返りながら、

実際にどのくらいのお金がかかるのか記事にしたいと思います。

 

現在、退職、転職などを考えている方の参考になれば幸いです

 

年収300万円 貯金200万円で退職しました。

 

退職当時の年収は約300万円、貯金は200万円程

 

貯金も200万円あるし、なんとかなるかなと思っていましたが全くならなかったのです

 

当時の領収書などがないので、細かい金額がわからないですが、ざっくりと計算してみました。

算出条件

年収は300万円

給料所得のみ

 

年収300万円で退職した場合の国民年金の支払い額は?

 

国民年金
1ヶ月 16,490円 1年間 197,880円

 

※平成29年度の金額で計算しています。

引用:日本年金機構

 

年収300万円で退職した場合の国民健康保険の支払い額は?

 

国民健康保険料は前年度の年収から算出されます。

大阪市の国民健康保険計算機とういうページで算出してみました。

 

国民健康保険
1ヶ月 20,240円 1年間 242,884円

 

 

国民健康保険の料金はかなり地域格差がある事がわかり

対して住民税は地域差はそんなにないようです。(あっても3000円程)

今まで住民税の方が地域差があるイメージでしたが、ひとつ勉強になりました。

 

年収300万円で退職した場合の住民税の支払い額は?

 

 住民税
 1ヶ月  16,442円 1年間 197,300円

 

住民税も大阪市の税率で算出してみました。

算出方法は下記になります

均等割額(5,300円)+ 所得割額 = 市民・府民税年税額

※均等割額は行政費用の一部を住民全体で均等にした金額。

 

所得割額の算出方法

(所得金額-( 所得控除額 ))×所得割税率10%

これを300万円にあてはめると

(3000000円-(3000000円×30%+180000))×10%

 

※所得控除額の出し方は年収によって違います。

詳しくはこちら確認してください。

大阪市 税額の計算

 

 

さらにこれから計算された金額から税額控除があれば差し引けます。

おなじみのイデコやふるさと納税の事ですね。( ´∀` )

 

所得割額192,000円で計算。(控除なし)

5,300円(均等割額)+ 192,000(所得割額) = 197300(市民・府民税年税額)

 

 

年収300万円で退職した場合【国民年金・国民健康保険・住民税、一年間の総支払い額】

 

国民年金・国民健康保険・住民税の支払い総額は?

国民年金 197,880円
国民健康保険 242,884円
住民税 197,300円
一年間の総支払い額 638,064円

年間の総支払額は638,064円です。

退職するならまとまった貯金は絶対に必要という事がおわかり頂けたでしょうか?

退職後の生活費+1年間の国民年金・国民健康保険・住民税ですぐにお金は無くなってしまいます

退職前に一度どのくらいの税金類+生活費がかかるのか一度計算してみる事がおすすめです

 

 

すぐに仕事を見つけるなら

2018年問題!!?雇用打ち切りか!!?

この記事を書いている人 - WRITER -
新婚兼業主婦 優しい夫と一緒に毎日家事に仕事に頑張っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 働く主婦のお金ブログ , 2017 All Rights Reserved.