2018/01/20

私が感じた派遣社員のメリットとデメリット

 

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
新婚兼業主婦 優しい夫と一緒に毎日家事に仕事に頑張っています。

こんにちは、派遣社員のフルムーンです。

 

腰掛のつもりが派遣先に恵まれて派遣社員歴4年目に突入しました。

こんな記事も書いてます➡派遣社員を雇用する時にトラブルにならない為にちょっとだけ意識して欲しい事

今日は私が感じた派遣社員のメリット・デメリットを紹介したいと思います。

 

正社員・派遣社員を両方体験した私が感じた事を記事にしたいとおもいます。

デメリットばかりに感じる非正規雇用ですが、メリットも実はあるんですよ。

派遣社員のメリットデメリット

 

私が感じた派遣社員のメリット

 

・時給が高い

・残業代がきっちり支給される

・必要以上の責任を感じなくてすむ

・面接をしなくてもいい

・副業が認められている

・自分の生活に仕事を合わせる事が出来る

派遣社員は圧倒的に時給が高い・残業がきちんと支給される

派遣社員は圧倒的に時給が高いです。

私は地方在住ですが、ボーナス・退職金は発生しないものの中小企業の正社員・事務職の女性と月収は変わりません。

しかもの残業時の時給は1.5倍になります。

(これは派遣会社によって違ってくるかもしれません、私が登録している派遣会社はそうです。)

以前、私は正社員でしたがみなし残業制のお給料だったので、残業代がきっちり支給されるのが、ありがたく感じます。

 

必要以上に責任を感じなくてすむ

派遣社員は就業前に業務内容を紙面で伝えられます、基本的には業務の補助がメインになるので

あれも、これも責任を感じながら仕事をしなくて大丈夫です。

私が正社員の時は、色んな仕事を抱えてあれもこれもと責任を感じる事が多くて大変なストレスでした。

派遣社員の今は精神衛生上とても快適です。

 

派遣社員は面接をしなくてもいい

派遣社員を雇用する場合、面接はしてはいけません、それは派遣法で決められています。

なので顔合わせという名目で面接が行われます。

この時面接になってはいけないので履歴書・職務経歴書を

簡単なワークシートを派遣会社が作成してくれます。

初めて就業先が決まった時はこんなに簡単に決まるの!?とびっくりでした。

 

派遣社員は副業OK!!自分のライフスタイルに合わせて仕事を選ぶ事が出来る!

私が一番感じている派遣社員のメリットは自分のライフスタイルに合わせて仕事を選ぶ事です。

私は夫が転勤族の為派遣社員という手段を選んでいます。

どんな仕事をしたいか、どのくらいの時間働きたいか、どんな職場で働きたいか自分主導で選ぶ事が出来ます。

また派遣法に基づいて派遣会社は【派遣社員に対して教育訓練やキャリアコンサルティングを義務付けられています】

私も派遣会社の教育訓練を利用して資格取得を目指しています。

こうした教育訓練やキャリアコンサルティングを利用して、時給を上げる努力や職場を選べる立場になろうと思います。

 

私が感じた派遣社員のデメリット

 

 

・ボーナス・退職金が支給されない

・交通費が支給されない

・3年以上同じ職場では働く事が出来ない

・収入が安定しない

・不景気に就業しにくい、失業しやすい

・住民税は自分で支払わなければならない

・給料が上がりにくい

 

派遣社員はボーナス・退職金が支給されない・交通費が支給されない

これが一番のつらい所です、派遣社員はボーナスや退職金が支給されません。

ボーナス・退職金が欲しいという方は派遣社員は目指すべきではないと思います。

また正社員になる為のスキルアップに派遣社員という手段を選ぶべきです。

交通費が支給されないのは、交通費が時給の中に含まれている為です。

なので派遣社員になった時、就業先を選ぶ時は交通費がかからない自宅の近くを選ぶ事がおすすめです。

 

派遣社員は3年以上同じ派遣先に就業する事が出来ない。

これは派遣法で決められています。

法律で決められている為、どんなにその職場にいたくても派遣先が直雇用してくれない限り難しいと思います

ただどうしても直雇用が出来なくて、派遣先も続けて働いて欲しいという場合

あまり推奨される方法ではないのですが、部署を変える事で同じ派遣先で働く事が出来ます。

また部署が変えれない場合は、三ヶ月間だけ違う派遣先に派遣されて、

その後以前の派遣先に戻ればカウントが0になるので、また3年続けて働く事ができます。

ただこの方法は、派遣元、派遣先、就業者が同じ考えでないといけないのでなかなか難しいかもしれません。

 

派遣社員は不景気に就業しにくく失業しやすいが故に収入が安定しにくい

不景気になると真っ先に失業するのが派遣社員です、また不況下での就業もしにくいです。

不況は必ずやってくるもです

ずっと派遣社員で働こうと思っている方は、不況に備えて資格取得や自分の強みを明確にしておく必要があります。

 

派遣社員は住民税は自分で支払わなければならない

派遣社員は厚生年金・健康保険料・雇用保険料・労災保険に加入してもらえます。

また年次有給休暇も福利厚生として与えられています。

しかし住民税は自分で支払わなければなりません。

結構面倒くさいですし、高額なので大変です。

 

派遣社員は給料が上がりにくい

派遣社員の給料は、派遣元のから派遣会社に雇用の対価が支払われさらに、そこから派遣会社がマージンをとり

派遣会社から給料として派遣社員に支払われます。

派遣会社が派遣先に求める賃金が高額の為派遣社員の時給は上がりにくいです。

 

 

派遣社員として働くなら覚悟も必要です

 

私が実際に派遣社員として働いて感じたメリット・デメリットを紹介しました。

派遣社員として働くならメリットだけでなくデメリットも自分で把握しておく事が大切です。

特に私は自分のライフスタイルに合わせて仕事を選ぶ事が出来る事に派遣社員としての魅力を感じています。

 

しかし不況になると立場が一番弱くなるのは派遣社員です。

不況下でも選ばれる派遣社員になる為に自分のスキルを磨く事は必須です。

派遣会社が提供してくれる教育訓練やキャリアコンサルティングを積極的に利用して

自分の強みを見つけていく努力は派遣社員という選択をするなら必須です。

こんな記事もかいてます。

なんと派遣の時給が上がりました!!

この記事を書いている人 - WRITER -
新婚兼業主婦 優しい夫と一緒に毎日家事に仕事に頑張っています。
 

Copyright© 働く主婦のお金ブログ , 2017 All Rights Reserved.